トップページ → 目の疲れと眼精疲労に違いはあるの?

目の疲れと眼精疲労に違いはあるの?

疲労が溜まると、それが身体の至る所に何かしらの症状なって姿を現すことがあります。その箇所のひとつに、目が挙げられます。目に疲れを感じ、見るものがぼやけたり目に痛みが走ると、それを眼精疲労だと考える方が意外に多いです。

 

眼精疲労になると、確かに物を見ていると目に疲れや痛みを感じたり、あるいは視界がぼやけるほかに頭痛や嘔吐などの症状が見られます。このように見ると、確かに目が疲れたときと似ている部分はあります。

 

しかし実際には、目の疲労と眼精疲労は似て異なるものなのです。ここでは、これらの相違点について説明していきます。

 

まず、目が疲労している場合と眼精疲労の場合とでは、症状の度合いが異なります。眼精疲労の場合には目の疲労具合が進行し、症状が悪化している状態のことを指します。

 

それに対し目の疲労は、症状が一時的なもので済むのです例えば、目の疲労を感じても、睡眠を取ってそれを拭い去ってやれば、疲労感は改善されます。

 

しかし、眼精疲労になると、それだけでは疲労を解消することはできません。またそれだけに留まらず、目のかすみや痛み、あるいは頭痛や嘔吐などの症状が定着してしまうのです。

 

さらに、症状が一度は緩和されたと感じても、またすぐに目の疲れが戻ってきてしまうというのもひとつの特徴です。以上のように、眼精疲労では非常にしつこい症状に見舞われることになるのです。これが、目の疲労との大きな相違点になります。