トップページ → 老眼予防に効果的な目の体操がある?

老眼予防に効果的な目の体操がある?

老眼になる頃合いは、基本的には40歳を超えてからだと考えられています。しかし、いまではパソコンやスマートフォンなどの普及によって、目に負担をかけやすい環境が出来上がっています。そのため、30代の段階から老眼に対する注意が必要となる場合が出てきます。

 

老眼になると、近くのものが見えにくくなります。そのため、読書後には通常よりも高い負荷によって目が疲れやすくなったり、あるいは肩や首のこり、頭痛などが症状として現れることが考えられます。人の目には水晶体というものがあります。

 

しかし、年を追うごとにその柔軟性が失われたり、水晶体を支えている毛様体筋が劣化することで水晶体に厚みを与えられず、ピントの調節が難しくなります。結果として、遠いものを見た直後に遠いものを見ると、視界がぼやけるということが起こるのです。

 

こういった点を考えれば、誰しもが老眼にはなりたくないと考えるかと思います。そこで、老眼を予防するための体操をここでは紹介したいと思います。

 

非常に簡単な方法ですので、やり方を覚え、思い出したしたときなどにぜひ実践してみてください。それではまずは、強く目を閉じてください。そして、数秒したら今度はパッと開いてください。

 

その後、頭が動かないように気を付けつつ、一周させるような形で目をぐるりと回してください。ここまでのことを、1〜2分程度行うだけです。日頃からこの体操を行っていると、毛様体筋のコリが解消されますので、老眼の予防になり、それになるまでの期間を引き伸ばす効果が得られるのです。