トップページ → 笑顔を作る練習をし若く美しく見られよう

笑顔を作る練習をし若く美しく見られよう

メイクやファッションでは若く見せることができても、顔の表情の印象が悪いと実際の年齢よりも老けて見られてしまうことがあります。その一方で、いつも笑顔でいる人は若く見られるように意識していると言え、笑顔でいることをおすすめします。

 

なぜ笑顔がいいかというと、笑顔にするには顔にあるいろいろな筋肉を動かすので、これがシワやたるみに効果があるからです。実際に、いろいろな表情ができる人は、顔の筋肉が自然に鍛えられているため、シワやたるみが少ない傾向にあります。「笑ってしまうとシワができてしまうからあまり笑いたくない」というように思っている方もいるからもしれませんが、笑った時にできるシワは意外と実際の年齢よりも老けて見られることはありません。

 

一方で、近寄りがたいような不機嫌な顔をしているような人は若く見えづらいという傾向があります。そんなことから、老けて見られないためには、笑顔でいることが重要で、特に口角に気を付けましょう。不機嫌な顔をすると口角は下に下がってしまい、暗い表情になりますが、笑顔を作ると口角は上に持ち上がり、表情が明るくなります。それによって、若く見えます。

 

口角は、若く見えるためには重要で、口角が下に下がると顔がたるんで老けて見られてしまうため、笑顔を心がけ、笑顔が作れないという方は口角だけでも下に下がらないように意識することが大切です。

 

また、笑顔が作れなくても、口角を持ち上げることをするだけで顔に締まりが出ます。女性の場合は、メイクをする時には鏡を見てメイクをすると思いますが、その時に口角を持ち上げる練習をしてみましょう。また、お風呂に入る時にも練習することを習慣にすると、より効果が出るでしょう。方法としては、「あ・い・う・え・お」の口の形を、口を広げて発音してみたり、舌を前に出したり上に伸ばしたりすることをすることです。徐々に効果が出てくるのでぜひお試しください。