トップページ → 白内障に効果的な目薬はありますか?

白内障に効果的な目薬はありますか?

白内障の進行具合によっては、目薬を差しても効果がまりないこともあります。また、白内障で使われている目薬というのは、複数の種類があり、その人によって相性も違います。ですが、白内障の目薬の中で、クララスティルといわれる目薬はとても効果が期待できるといわれています。

 

アメリカで2010年に特許を取得した目薬となっており、まだ登場してからあまり日は経っていないのですが、色々な国で白内障の治療で使われています。

 

白内障の原因というのは、活性酸素が体内に溜まってしまい、目が老化をしてしまうことによって引き起こされているのです。つまり老化を防ぐことができるようになれば、白内障を防ぐことも可能になるのですが、カルノシンといわれる成分が少なくなっていきます。

 

そのカルノシンを摂取することで、白内障に効果があるだろうということで開発されたのが、クララスティルとなっているのです。

 

これまで、目薬を差しても、白内障の改善にはならないとされてきたのですが、クララスティルには白内障の原因を予防する効果があるため、白内障の人から注目されているのです。

 

最近の研究から白内障にはルテインが効くといわれています。ルテインは飛蚊症という目の病気にも良いといわれ注目を浴びつつある成分です。サプリメントでも各メーカーがこぞって商品を販売しています。