トップページ → 看護師になるために必要なこと

看護師になるために必要なこと

看護師になりたいと思ったときに、どんなことが必要になると思いますか?まずは、看護学校に入ると考える人もいるでしょう。しかし、実は看護学校に入らなくても看護師になることは可能なのです。

 

必要なのは、厚生労働大臣から与えられる看護師の免許です。これがなくては、どんなことがあっても看護師として働くことができません。看護師の免許をとるには、試験を受けるために専門学校に通ったり大学の看護学部に通ったり、病院で経験を積むことが必要になってきます。

 

都道府県知事から免許を受けることができる准看護師の資格を得られれば、実務経験を積むことで専門課程を修了して正看護師の試験を受けることも可能です。ただ、これらの資格の違いは、待遇面や仕事内容に差が出てきます。

 

看護師として働くには、資格+適正が必要です。病人や怪我人のケアをするのは、思いのほか心身ともに大変です。コミュニケーション能力も欠かせませんから、引っ込み思案だからと臆しているわけにはいきません。

 

自分から積極的に人に触れ合っていかないと、看護師は成り立たないのです。患者さんはいつでも不安な状態にありますから、看護師の言葉が励ましになるものです。看護師の元気に頑張る姿を見て、自分も治療に励もうと前向きになる人も多いでしょう。

 

いったん看護師として働き始めても、常に勉強が必要になる仕事ではありますが、仕事がなくて暇というような状況とは無縁ですから、忙しくしていたいという人にはピッタリです。看護師の職場によって、必要とされる専門知識は異なってきます。いずれにしても、学ぶことが終わるときはない仕事だと思って間違いないでしょう。